HOME|> 光学式測量機器 >

ピンポールプリズム2.5インチプリズム光波専用気圧計反射ピンポール杭打ち用位置出し定規

杭打ち用位置出し定規「測決くん」

@定規を光波に向かって置き、測距する。
(ピンポールプリズム約8個横に並べた測量用反射シート用を使用しておりますので視準(通り)は真中の0付近ででくても−15cm〜15cmの間ならOKです。)
  A前後15cm以内に位置を出したい点(求める距離)が来るまで測距しながら定規を前後に移動する。   B定規での視準線の通りの数字をポールマンに伝え、通りの数字の位置にピンポールプリズムを立てる。   C定規の金具をポールの石突に引っ掛け定規を回転させて通りの方向とつまみの中心(赤丸)を一致させる。
注:状況によっては定規を回転させることができないこともあります。(光波とポールマンが離れていたり斜面のときはバーを垂直に立てる)
  Dピンポールプリズムで測距した求点まで前後に移動する。   E最後に定規を外し、通りを微調整し、求点を出す。